ダイエットには無酸素運動より有酸素運動の方が効果が高い

ダイエットの効果を出す方法の一つに運動やトレーニングがあります。体重の増加は、食事等で得たカロリーの余剰分が体脂肪になり、体に貯め込まれた結果起きることです。運動によって脂肪燃焼が促進されますので、効果的なダイエットを行うことが可能です。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動と、短距離走のような無酸素運動がありますので、どの方法を選択するかが大事です。イメージとしては体に負荷をかける無酸素運動のほうが、ダイエット効果が高そうですが、実は有酸素運動のほうが高いのです。体脂肪をスムーズに減らすには、脂肪が燃焼しやすい状態にすることで、体脂肪をエネルギーに変えて消費することが大事です。確かに無酸素運動は筋力が増えますが、長時間できることではなく、脂肪が燃焼しにくいのです。ウォーキングは歩くことで運動効果を発揮するものですが、体脂肪を燃やすには30分は運動を継続することが重要になってきます。ダイエットが成功するかどうかは、継続可能かにも関係します。体に負荷をかけて筋肉を鍛えることが無酸素運動の基本ですので、しばらく痛みが継続したり、筋肉痛になったりします。無理をして体を痛めてしまうリスクもあり、中には途中で止めてしまう人もいます。気長にダイエットを続けることで、徐々に体重が減ってスリムになっていきますので、結果を焦らずに、長く続けることを重視しましょう。